我が家の息子の行く末が心配です。 息子は来年で26歳。 まだ定職には就いておらず、数種類のアルバイトをかけもちしているようです。 大学に入学するまでは良かったのです。 でもそこから少しずつ、綻びが出てきてしまったようでした。 思えばあの子が高校生の時に、 真剣に話を聞いてやれなかった私たちにも責任があるような気がしています。 あの時、進路を相談してきた時、 もう少し話を聞いて相談に乗っていてやれば、 息子は今のようにアルバイトで生活することなく、 自分の好きな仕事を見つけることが出来たのかもしれません。 実は進路相談の時期に、普段は物静かな息子が、 『ホテルのコックさんなんてどうだろう』と尋ねてきたのです。 それに対して私は何の考えも無しに、『大学くらい出たら?』と言ってしまいました。 あの時もう少しあの子のなりたい仕事を一緒に調べてあげていれば、 と悔やまずにはいられません。 結局息子は大学に入学後、1年で大学を辞めてしまい、 そこからアルバイト生活に入っています。